表札

新築一戸建てには新しく表札を作ることにしています。

表札を新しく付けるんだったら、やっぱり「おしゃれ」なデザインの表札を付けたいですよね。

ボーダーズ家でも表札について、ネットで気に入るものがないか色々探していました。

そこで、ネットで目にした意見を見て「はっ!」とさせられました。

スポンサーリンク




新築の表札は「おしゃれ」よりも「分かりやすさ」の方が重要

新築一戸建ての表札を選ぶときに重視するのが「おしゃれさ」や「家の雰囲気とのバランス」など、デザイン的な事に目がいくのではないでしょうか。

ボーダーズ家でもおしゃれな表札を付けたくて、ネットで表札を色々見ていました。

クマじ

英語の筆記体とかもおしゃれな感じがして良い感じじゃない?

クマみ

そうだね。シンプルな感じでいいかもね~。

なんて、話をしていました。

でも、ネットで見かけた意見を読んで、表札は「おしゃれさ」よりも「分かりやすさ」の方が重要と気づかされました。

それは、新たに分譲住宅で町内会の取りまとめ役になった方のお悩みです。

町内を取りまとめる役(副区長)になり、町内のお宅へ伺う機会が色々あるとか。その時に、表札の出ていない家が多くて困るという悩みでした。

それに対して、社会の一員として地域に参加するのであれば、名前が分かるように表札は出すべきとの投稿が「ベストアンサー」として選ばれていました。

引っ越した先では、自分たち以外は、そこに誰が住んでいるのか分からない状態です。地域の人だけじゃなく、郵便配達や宅配業者も初めは分からないはず。

だから、新築一戸建ての表札は「おしゃれさ」よりも「分かりやすさ」の方が重要なんじゃないかと考え直しました。

表札のおしゃれと分かりやすは両立できる?

当初は筆記体などの英語で書かれた表札が候補に挙がっていました。

何となく「おしゃれ」に見えて。(笑)ただ「分かりやすさ」という視点でみると、非常に分かりにくい・・・。

でも、どうしても英語で書かれた表札も捨てがたい!

そこで、漢字とローマ字の2つが表記できる表札にすればいいんじゃん!と思い、調べ直しました。

スポンサーリンク




漢字とローマ字の同時表記が可能なオススメ表札5選!

筆記体の表札がおしゃれかどうかは別として、漢字とローマ字で苗字を表記できる表札は意外とあるもんですね。

漢字に加えてローマ字でも書かれていたら、更に分かりやすいんじゃない!?と思って、このタイプで表札を検討することにしました。

その中で、なかなかいいんじゃないの!?と思ったおすすめ表札5選を紹介いたします。

ガラス素材の定番人気表札

ガラスのタイプもちょっといいかなって思ってチョイスしました。

下地の色がグリーンとかも個人的には好みです。インターホンの上にさりげなくあってもいい感じがします。

迷ったらコレ!シルバー表札

シンプル・イズ・ベスト!戸建てだけじゃなくて、マンションにもとても相性が良さそうです。戸建ての場合、ポストに取り付ける表札としても合いそう!

デザイン性があるものは飽きてしまうのが心配な所もあったり。。。

シンプルなデザインであれば年齢を重ねたあとでも表札に違和感を感じず、長く愛用できそうですね。

正方形の定番表札

門柱の取り付けにもピッタリ。デザインも38種類から選べるのでお気に入りの一つが見つかるはず!

価格も表札の中では高い部類ではないので、価格的にも選びやすいとも思います。

文字が主体のステンレス表札

表札のイメージは3案まで無料で修正できるところがいいですね。

色はブラックとシルバーの2色があり、インパクトもありながら分かりやすさも兼ね備えているところがオススメです。

和風建築にもめちゃくちゃ合いそうな気がします。

長方形のおしゃれな枠付き表札

フレームのデザインが可愛らしいので好みは分かれるところだと思います。

ですが、表札の色が選べるので、家の外壁と合わせたりしてもステキなんじゃないかと思いました。

そして、名前が見やすいところも良いですね。ワンポイントデザインも無料で追加出来るので、自分だけのオリジナル表札が作れるところも気になります。

優柔不断なボーダーズ家ではかなりデザインに迷いそう~。(笑)

あとがき

表札は「おしゃれ」だけじゃなくて、「分かりやすさ」も重要だと気付けて良かったなと思いました。

ただ、やっぱり「表札」はおしゃれなものを付けたい!

このは表札もちょっと気になります。ありですかね?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

(前回の記事:カーテンの安いお店はやっぱりココ!他社なのにニトリを薦められた訳

スポンサーリンク




住宅の人気ブログはこちらをチェック
一戸建住宅(施主)ブログランキング

インテリアの人気ブログはこちらがおすすめ
インテリアブログランキング