MikesPhotos / Pixabay

土地の場所は、分譲地で気持ちは固まってきました。

あとはどのハウスメーカーや工務店で新築住宅を建てるのかです。

ちょうど分譲地の建売住宅を見学して悩んでいた時、サンクリエイトホームの担当者から連絡が来ました。

新しい土地の情報が入手できたので、打ち合わせしませんか?との事。

ちょうど良い機会なので、サンクリエイトホームで分譲地に家を建てられるかどうかを確認するために、打ち合わせに行く事にしました。

スポンサーリンク




土地の場所と予算が合わず、サンクリエイトホームを断念

サンクリエイトホームには分譲地に見学にいった事は伝えてあり、サンクリエイトホーム自体もその分譲地で完成見学会をする予定がありました。

そういった背景もあり、新しく提案された土地の場所が分譲地の周辺。

でも、分譲地はありませんでした。

さりげなく分譲地の事を聞いてみると、土地の価格が高いので私たちの予算では厳しいという事が分かりました。

(関連記事:新築一戸建ての注文住宅の総額はいくら?見積もりを大公開

高品質な住宅を建てているので、それが価格にも反映されてしまいます。

もちろん高品質に越したことはありませんが、住む分には建売住宅でも十分な品質だと気が付きました。

一から全てを自分好みに決めるのは楽しいかもしれませんが、予算や場所などを考慮した結果「サンクリエイトホーム」での新築住宅はやめる事にしました。

分譲地で建売住宅を販売している「第一不動産」と「太陽地所」に絞られる。

やっぱり家を建てる場所は分譲地が良くて、その中で建売住宅を販売している「第一不動産」と「太陽地所」のどちらを選ぶかに絞られてきました。

ただし価格・設備・広さ等々を考え出すと中々結論を出すことが出来ないので、もう一度分譲地の建売住宅を見る事にしました。

それも同じ日に。

第一不動産を13:00~から内覧。太陽地所を14:00~から内覧にして同じ日のほぼ同じ条件で、部屋の明るさなどを確認するのが目的です。

この時点では「日当たりの良さ」と「価格の安さ」で第一不動産の建売にしても良いのかな・・・なんて話をクマみとしていました。

しかし、私には一つだけある提案をしてみようと思う事がありましたが、クマみには内緒にしていました。

スポンサーリンク




第一不動産の新築建売住宅「ESCAPE(エスケープ)」2棟を内覧

1番目の角地物件を内覧

角地の物件は日当たりが一番よく、同じ場所に立つ2番目の建売住宅よりも100万高いのも納得。

リビングの狭さに納得出来れば、日当たりが良いので、日中リビングで過ごすクマみとクマたろうも嬉しいんじゃないかと思いました。

ただ気になる点もあり、角地という事でリビングの目の前が「歩道」と「道路」。

リビングの窓から1~2m先に人が歩いているので、人の気配が気になるんじゃないかという心配がありました。

それを解消するため塀か柵を設置すると種類にもよりますが、数十万円程度はかかりそうなため、余計迷うことになりました。

2番目(1番目の角地の隣)の物件を内覧

角地物件の隣なので、日当たりの良さは落ちます。

そのため、角地物件よりも100万円安く販売されていました。

1番目の建売住宅と間取りから設備までほぼ一緒。それなのに角地から一つ隣になるだけで、100万円安い事が徐々に魅力的に思えてきました。

それに角地のように通行人対策も必要なし。

晴れの日は日当たりの違いが出ましたが、曇りだとリビングの明るさは、さほど変わりませんでした。

また駐車スペースが角地よりも若干ですが広めな所も好印象。

この時点では、この物件が最有力候補でした。

第一不動産の新築建売住宅「ESCAPE(エスケープ)」2棟を内覧した時点の感想

何度も第一不動産の新築建売住宅「ESCAPE(エスケープ)」は内覧していましたので、ほぼ「2番目の建売住宅」で申し込みしようか?という話までしました。

そうしたところ、内覧した2つの建売住宅には既に購入申し込みをしている方がおり、2番手扱いとの事を知らされるのでした。

ま、まさか・・。決断が遅かった・・・。

ただし申し込みした人が銀行の住宅ローン審査を通しているところで、ローン審査が通ってもダメでも結果を教えてもらう事にしました。

第一不動産の営業マンには、この後「太陽地所」の建売物件も見に行く事も伝えました。

しかし「日当たり」が私たちには重要で、太陽地所で検討している建売住宅では満足できないので、恐らく断るだろうという話までしていました。

しかし、クマみに内緒にしていた「太陽地所」へのある提案をきっかけに大きく結果が変わる事になるのでした。

その内容については、次回のブログで書こうと思います。

(関連記事:建売住宅を諦めてハウスメーカーへ提案した内容とは

スポンサーリンク