Pexels / Pixabay

前回の記事

建売住宅を諦めてハウスメーカーへ提案した内容とは

でも書きましたが、建売住宅の間取りをそのまま転用し、設備を削る事で、私たちの希望予算内で「建築条件付きの土地」に家を建てる事は出来ないか?確認してもらう事にしました。

数日で太陽地所から回答があり、新築一戸建てを建てる事が出来そうな雰囲気になってきました。

そこで私たちの新築一戸建て予算と、太陽地所から頂いた見積もり金額についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




新築一戸建てのための予算は?

新築住宅を建てるための予算ですが、諸経費込みで「2400万円」以内に納める事が希望でした。

銀行に住宅ローンの仮審査を申し込んで、審査に通った金額が「2400万円」だったからです。

地元の工務店で注文住宅を建てようとすると、この予算だと土地にかけられる金額は「400万円台」が良いところでした。

(関連記事:新築一戸建ての注文住宅の総額はいくら?見積もりを大公開

私たちが希望する分譲地で販売していた、太陽地所の建売住宅の土地は、一番安い金額でも「600万円台」でした。

しかも、太陽地所の注文住宅エリアの「建築条件付きの土地 」は「700万円台」。

建売住宅の土地価格より100万円近く高かったので、無謀な提案にも思えました。(笑)

それが設備を削る事で、予算内に収まると回答を頂けたのです!

予算内に納めるために削った設備は?

建売住宅エリアの間取りを採用することで設計料がかからず、しかも設備も一部削る事で予算を抑える事が出来ました。

太陽地所の建売住宅は設備が充実していましたので、カットしても良いと考えていたのが

  • エコキュート
  • 全館暖房システム(ストーブ+温水パネル)
  • 浴室換気暖房乾燥機
  • 食器洗い乾燥機
  • カラードアフォン
  • 食器棚
  • 2階トイレ
  • でした。

    設備を大幅に削って金額が何とか収まればと思っていたのですが、実際にカットされた設備が

  • エコキュート
  • 全館暖房システム(ストーブ+温水パネル)
  • の2つだけでした。

    しかも「エコキュート」についてはカットではなく「灯油給湯器」への変更。

    実質的にカットされたのは「全館暖房システム(ストーブ+温水パネル) 」だけでした。

    さすがに、これにはびっくり!

    クマじ

    暖房だけのカットでいいんですか!?

    不動産会社 「あとはエコキュートが灯油の給湯器に変わります。暖房機器については無くなりますが、灯油の配管は全部屋に通しますので、お客様で暖房を用意して頂ければ使えるようにはしておきます。」

    クマじ

    ほんとですか!?照明やクローゼットとかもあるんですかね?

    不動産会社 「はい。あります。」

    クマみ

    食器洗い乾燥機 や浴室換気暖房乾燥機 もあるんですか!?

    不動産会社 「はい。あります。」

    ボーダーズボーダーズ

    ええ~!!本当ですか!?

    不動産会社「はい。大丈夫ですよ。キッチンや洗面台、お風呂は、当社が指定する5社からメーカーを選べますよ。」

    クマみ

    ええ~!メーカーを選べるんですか!?やった~♪

    これから建物を建築するので、自分たちで選べるところは色々あるとの事。

    確かに建売住宅ごとに、キッチンや洗面台は違うメーカーのものが付いていました。

    これを聞いたクマみの目がイキイキしてきて、期待と妄想が膨らんでいるのが分かりました。(笑)

    スポンサーリンク




    この時点での見積もり金額は?

    新築一戸建ての予算は、諸経費込みで「2400万円」です。

    太陽地所から出された見積もりは諸経費込みで「約2368万円(税込)」でした。

    見積もりの内訳ですが、

    ・物件価格 2192万円(土地代込み)
    ・諸経費 113.2万円
    ・住宅ローン関係の諸経費 36.2万円
    ・登記費用 26.5万

    合計 2367.9万円

    あくまで見積もりで概算金額の部分もあったり、火災保険は自分で探して入ろうと思っていたので、見積もりには入っていません。

    恐らくですが、エコキュートって結構な金額なのかもしれないですね。

    そして、暖房機器も。建売住宅は全館暖房なので、温水パネルが結構付いてましたし。

    エコキュートも温水パネルも使ったことがなかったので、個人的にはちょうど無くなって良かったとも思いました。

    太陽地所で新築一戸建てを建てる事に決定

    見積もりや設備についての説明などを一通り聞いて、太陽地所で新築一戸建てを建てる事に決定いたしました。

    その意思を営業マンにも伝えて、今後は契約に向けて話し合いを進めていく事となります。

    (関連記事:いきなり予算アップの危機!新築一戸建ての家づくりがスタート)

    スポンサーリンク