道

新築の購入を検討しているんだけど、どうやって進めて行けばいいんだろう?

新築を購入して住むまでに、どんなことが起きるんだろう?

新築の購入に関わる一連の流れを知りたい。

そんな疑問にお答えするため、我が家の新築一戸建てを購入して引き渡しが行われるまでを、2回に分けてご紹介したいと思います。

今回はそれの1回目。

これを見て頂ければ家の購入を検討する段階から、土地とハウスメーカーを決めるまでの一連の流れが分かるようになります。

スポンサーリンク




家を購入する?しない?子供が生まれて、突然出てきた新居探し問題

赤ちゃん

そもそも自分が家を購入するなんて想像もしていませんでした。

結婚と同時に、奥さんの親戚が所有する一戸建てのお家を借りたので、2人で過ごすには十分すぎる広さで不満はありませんでした。

ですが、子供も生まれてしばらくすると、借りていた親戚の方が仕事を退職して戻ってくるかもしれない。という話になりました。

そうなると、引っ越しをせざるを得なくなるので、新居が必要になります。

どうしよっか・・・って考えた時に、たまたま家に入った中古物件のチラシを見て、散歩がてら物件を見に行くことにしました。

外から建物を見るだけの軽い気持ちで行ったんですが、家の購入を少しづつ真剣に考えるきっかけになりました。

何となく始めた物件探し。まずは中古住宅の購入検討から

中古住宅

この時はまだ「家を買う」って事に現実味を持てていない時期です。

収入の事とか将来の事とかを考えると

クマじ

中古でいいんじゃない?

というのが、私の気持ちでした。

だから、とりあえず家に入るチラシを見て、またもや近所の中古物件を見に行ってきました。

値段はいいんだけど、残念ながらクマみには響かず・・。

ネットで探したりもしましたが良い物件が見つからないので、中古住宅を取り扱う不動産屋に行って、中古住宅の紹介と内覧をする事にしました。

その物件が、ま~ヤバくて、リアル事件現場?さっきまで人いたでしょ!?と思える物件とか、なかなか厳しかったです。

もう中古物件に良さそうな物なんて出てこないだろうな・・と思ったときに、初めて見つけた築浅物件!

すぐに不動産サイトから内覧の申し込みを入れましたが・・・、残念な結果に。

青森での中古住宅探しに限界を感じて、これを境に新築一戸建て探しに方向転換することにしました。

新築一戸建ての購入を検討!探すは土地・場所と工務店・ハウスメーカー!

この時点でも、新築一戸建てを本当に自分は買うんだろうか?と、漠然とした気持ちだったような気がします。

私よりもクマみの方が本気度が高ったかな。

新築住宅の完成見学会に参加して、話しやすかったのでそのまま地元の工務店で新築のことにについてアレコレ相談してみる事にしました。

新築住宅に関するチラシもよく新聞なんかにも挟まってきますよね。

でも、注意してください。

新築住宅を探して困ったのは、「一体、いくらで家が建つのか?」すごく分かりにくいこと。

ある住宅メーカの完成見学会に入ったら、詐欺のような思いを感じてしまいました。

安さを打ち出している業者には注意が必要です。期待して話を聞きに行っただけに、がっかりでした。

新築一戸建てを建てるんだったら、大体いくらかかるのかどうしても知りたかったので、見積もりを取ることにしました。

スポンサーリンク




お金の準備!住宅ローンの審査は、早めがおすすめ

住宅ローン

今思えばですが、話を聞きに行った工務店としても、本当に家を購入する事が出来るのか?知りたかったのかもしれません。

新築の見積もりを取ったので、銀行に住宅ローンの仮審査を受ける事になりました。

銀行での仮審査は無事にOKになったんですが、仮審査を通しておくとハウスメーカーの本気度が変わってくるような気がします

こちらとしても、「冷やかしじゃないですよ。真剣に住宅購入考えてます!」っていうのが相手に分かりますから、話し合いがスムーズに進みました。

だから、住宅ローンの仮審査は早めに受けておくのがオススメです。

土地とハウスメーカーを決定!

新築計画

土地選びにはだいぶ苦戦しました。

土地は決まらない人は全然決まらないらしいですよ。

私たちも本当に苦労しました。

ですが、やっと理想と思うえる土地に巡り合う事が出来ました。

新築住宅を探すうえで重要だったのが、場所と日当たりの良さ。

気に入った土地は全部で100棟以上が建つよう新規の分譲住宅地で、建売住宅・注文住宅など色々なハウスメーカーが土地を抑えていました。

場所が気に入ったので、次はハウスメーカーをどこにするか。

予算と条件を考えると2社の建売住宅に絞られました。

でも、やっぱり条件にピッタリと合うわけではなかったんです。

ですが、そのうちの1社が同じ分譲住宅地内に、土地を抑えて販売していた場所があったので、ダメもとで交渉してみる事にしました。

簡単にいうと、

「空いている土地に建売仕様の家を建ててくれないか?不要な設備をカットして予算名に収めてくれないか?」

という事です。

その結果は・・・見事に希望が通りました。

こんな提案が通ったのも、住宅ローンの仮審査を通しておいたおかげかな?(笑)

ここまでが、家の購入を検討し始めてから、実際に土地とハウスメーカーを決定するまでの流れでした。

次回は、ハウスメーカーとの打ち合わせから、新築の引き渡しまでの流れをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク