manbob86 / Pixabay

シンコールの壁紙ですが、クマみと悩みに悩んでようやく決まりました!

(関連記事:シンコールの壁紙選びで役に立ったサイトやアプリをご紹介

家づくりの主導権は完全にクマみが握っています。(笑)

太陽地所と壁紙の打ち合わせをする日の朝にも急遽、壁紙を変更するなど大変でした。

私たちが決めた壁紙をご紹介したいと思います。

部屋のイメージカラーについて

部屋のイメージカラーですが、全体的には「白」にしました。

新築一戸建てを探す時に重視した点は「日当たり」でした。

注文住宅とはいえ建売住宅の間取りをベースに価格を抑えているため、窓を増やすことが出来なかったので、壁紙を「白」にする事で少しでも明るくなればと思いで選んでいます。

スポンサーリンク




2か所だけ特別な壁紙を張る事に

通常、壁紙として使うものは「シンコール SL プラス」というカタログから選ばなければなりません。

しかし、事前に

クマみ

トイレか対面キッチンの壁のどちらかには特別なアクセントカラーとなる壁紙を使いたいです!

と言ってありました。

そしたら、両方の場所でアクセントカラーの壁紙を選べる事に。

アクセントカラーの壁紙は「シンコール ベスト」のカタログから選ぶことになりました。

各部屋の壁紙をご紹介!

リビング・ダイニング

リビングの壁紙は「SLP-174」という白い壁紙を選びました。

漆喰風の白い壁紙も選びたかったのですが、壁紙の機能が少なかったのでやめました。

どうせ選ぶなら、機能が多い方がいいかなって。(笑)

リビングの壁紙「SLP-174」は「抗菌」「撥水」「防かび」機能付き!

白い壁紙は色々あったのですが、見た目よりも機能の多く付いている方を選びました。(笑)

キッチン

キッチンですが、打ち合わせの朝まで悩んで決めたのがキッチンでした。

そもそも、Piterest(ピンタレスト)でクマみが自分好みのキッチンの写真を見つけた事から、特別なアクセントカラーの壁紙を使いたい!という話が始まりました。

キッチンは女性の城ですからね。

好きなイメージに仕上げたいという思いは強く感じていました。

でも、壁紙選びになると不安になるようです。

クマみ

白い壁紙で清潔感があるほうがいいのかな?

クマみ

Pinterest(ピンタレスト)で見つけたキッチンのように、壁にミントブルーみたいな色の壁紙を使った方がいいかな?

クマみ

いやいや、やっぱり白でまとめる!

と決めたはずが、朝になって

クマみ

ねえ、クマじ。やって後悔するのと、やらないで後悔するのどっちがいいと思う?

って唐突に聞かれました。

すぐに、キッチンの壁紙の事だと分かったので、

クマじ

そりゃ、絶対やって後悔する方でしょ!壁紙だったら張替も出来るから好きに選べば。

クマみ

そっか~、だよね~!よし決めた!

という事で、キッチンの壁紙は「白」から「ミントブルー SLP-171」に変更になりました。

ちなみに、対面キッチンの壁紙は「BB9466」という白いレンガ風の壁紙をチョイスしました。

スポンサーリンク




トイレ

トレイは1階と2階で雰囲気が全然違います。
ベースとなる壁紙は「白」なのですが、トイレの後ろの壁紙にそれぞれアクセントカラーとなる壁紙を使いました。

1階のトイレ

1階のトイレの後ろの壁が「BB 9514」という木目調の壁。

気付けば色使いが、お風呂とほぼ一緒!

やっぱりこの組み合わせが好きみたいです。(笑)

2階のトイレ

2階のトイレの後ろの壁紙が「SLP-169」というミントグリーンの色を使いました。

正直言うと、ミントグリーンの壁紙をどこかで使いたかったのですが、部屋では使う場所がなかったためトイレで使用することに決めたのでした。

でも、機能が「抗菌」「撥水」「防かび」と付いているので案外トレイ向き?だったのかもしれません。(笑)

寝室

寝室は落ち着いた色の壁紙を一ヶ所使いました。

それが「SLP-137」というグレーの壁紙です。

仕事部屋に使っても良いと思ってたのですが、寝室にも合いそうだったので譲りました。

仕事部屋

仕事部屋のアクセントカラーを入れる壁紙は木目調のものを検討していました。

でもよくよく考えてみると、6畳しかない部屋の1面を木目調の壁紙にしてしまうと圧迫感が出ないかな?っと思いだしました。

壁紙を見ていると色やデザインのある壁紙を使いたくなるんですよね。。。

でも、ぐっとこらえて仕事部屋はレンガ風な白い壁紙の「SLP-179」だけにしました。

クマみには、

クマみ

ねえ、クマじ。やって後悔するのと、やらないで後悔するのどっちがいいと思う?

クマじ

そりゃ、絶対やって後悔する方でしょ!壁紙だったら張替も出来るから好きに選べば。

って言っておきながら、自分では思いっきり守りに入ってしまいました!(笑)

子供部屋

子供部屋は「シンコール SL プラス 」のカタログに載っている子供部屋の写真を参考にして、ブルーの壁紙「SLP-131」をクローゼットのある壁に入れる事にしました。

子供部屋も仕事部屋と同じ6畳しかないのですが、カタログの参考写真に載っていた子供部屋が可愛くて。

思いっきり真似てみました。(笑)

一番の山場だった壁紙を決めたので、もうほとんど事前に決める事はなくなりました。

これからは、工事の進み具合を見守りつつ、新居用に購入しなければならない家具や家電なんかを選んでいこうと思います。

スポンサーリンク