石油ファンヒーター

ハウスメーカー(太陽地所)で新築を建てている最中ですが、標準仕様で本来はついているはずの「全館暖房システム(ストーブ暖房+温水パネル)」を建築費用を抑えるためにカットしてもらいました。

(関連記事:太陽地所で新築一戸建てを建てる事に決定!その見積もり金額とは

そのかわり、自分で暖房機器を用意しなければなりません。

リビングには、現在の借家で使用しているストーブをそのまま使用する予定なので良いですけど、問題は2階の各部屋です。

2階の部屋も今使用している「石油ファンヒーター」を使おうと思っていたんですが、ハウスメーカーの担当者から

石油ファンヒーターは使用しないで下さい

と言われました。

新築に石油ファンヒーターが使いえない理由について、ご紹介したいと思います。

新築に石油ファンヒーターが使えない理由とは

新築に石油ファンヒーターが使えない大きな理由は2点あります。それが、

  • 結露の問題
  • 一酸化炭素中毒の問題
  • です。

    石油ファンヒーターは灯油を入れるのが多少面倒ではありますが、部屋から部屋へ運べるポータブル性やストーブ自体の価格も1万円前後で販売されているため、寒さの厳しい地域ではかなり重宝しているのではないでしょうか。

    私の家でも2階は石油ファンヒーターが大活躍!冬には欠かせない暖房機器です。

    そのため、新築でも使おうと思っていたんですが、冒頭に書いたようにハウスメーカーの担当者から「石油ファンヒーターの使用はNG」が出てしまいました。

    結露の問題

    新築で石油ファンヒーターを使えない理由として、「結露が発生する」という問題があります。

    石油ファンヒーターの燃焼に使われる石油(灯油)を燃やすと大量の水分が発生します。その量、なんと石油1リットルに対して水が約1リットル発生してしまいます。

    今住んでいる借家は築20年は経っていますが、2階の6畳間で石油ファンヒーターを使うと、一部の壁に水滴が浮き出たりします。指で触ると濡れるくらいです。

    築20年でも結露が発生するくらいですから、性能が上がっている今の新築住宅だったら、よりその症状は顕著かもしれませんね。

    以前見に行った築3-4年の中古住宅も2階の窓枠が結露によってカビが発生して傷んでいました。

    (関連記事:築浅の中古物件を買い逃して知った「青森の中古住宅事情」

    高断熱・高気密の住宅は、裏を返せば換気がしっかりできていないと結露が発生しやすく家を傷める原因にもなりかねません

    結露の原因となりうる石油ファンヒーターは、新築には不向きのようです。

    一酸化炭素中毒を引き起こす可能性がある

    高気密の住宅は外気を遮断できるメリットがありますが、内部の空気も外へ逃げていかないという事になります。

    そのため、24時間換気システムが作動していますが、石油ファンヒーターを室内で使用した場合に、24時間換気システムだけでは室内の換気が不十分です。

    高気密の部屋で石油ファンヒーターを使い続けると、部屋の中の酸素が消費され続け適切なタイミングで換気を行わなければ酸素不足に陥ってしまいます。

    部屋の酸素が不足するとストーブの燃焼が不完全になることで、一酸化炭素が放出され最悪の場合は一酸化炭素中毒になってしまう危険性があります

    一酸化炭素の恐ろしいところは、人の目で判断出来ない事。

    石油ファンヒーターには連続で長時間使用できないように、一定の時間になるとアラームで警告を発し、それでも使い続けると自動で停止する機能が付いていたりしますが、消えても自分で電源を入れなおせばまたすぐに使えてしまいます。

    そのような連続運転を繰り返しているうちに、気付いたら石油ファンヒーターが不完全燃焼を起こして一酸化炭素中毒になったら一大事!

    そのような危険をはらんだ石油ファンヒーターの使用はNGとされています。

    スポンサーリンク




    新築にはFF式ストーブにするか寒冷地用エアコンにするかで迷い中

    ハウスメーカーで暖房を付けるなら「築熱式暖房」や「床暖房」、「パネルヒーター」などあると思いますが、自分で暖房器具を用意するとなると暖房機器が限定されてきます。

    今、迷っているのは「FF式のストーブ」にするか、「寒冷地用エアコン」にするか。

    2階は仕事部屋と子供部屋が6畳で、寝室が約8畳くらいの大きさです。

    FF式のストーブ

    各部屋に灯油の配管は通っているので工事は必要ですが「FF式のストーブ」も設置が可能ではあります。ただ、FF式ストーブは石油ファンヒーターに比べて値段が高いんですよね。。。

    しかも、6畳用は探しても見つからず。FF式ストーブで6畳用はないのかな?

    大体小さくても10畳用から。しかも値段が5~6万円。石油ファンヒーターが1万円程度で買えて工事も必要ないから、石油ファンヒーターを使用できないのは、かなり痛いです!が仕方ない。。。

    寒冷地用エアコン

    寝室には夏用にエアコンを取り付ける予定があるので、これを「寒冷地用エアコン」にして夏・冬の両方をエアコンで対応するか?とも考えています。

    ただ「寒冷地用エアコン」も高い!冬の電気代はどうなるの?そして、冬場にエアコンで大丈夫か?という心配もあったりして悩み中です。

    スポンサーリンク




    あとがき

    とりあえず2階の仕事部屋は「FF式ストーブ」を一台付ける事にしました。エアコンを取り付ける予定もないし、冬場は暖房がないと仕事になりませんからね。

    ただ、子供部屋と寝室は・・・ん~~迷う!

    お店に行って暖房について色々話を聞いてくる予定なので、有益な情報があればブログで紹介しようと思います。

    (前回の記事;ニトリのカーテンフェアというセールはいつなの?今年はこの日から!

    スポンサーリンク