リビングのブラインド

リビングにブラインドを付けているお宅では絶対に感じている(と思われる)デメリット。

基本的にはリビングにブラインドを付けたことはとても満足しています。



が、しかし!

これだけはなあ~・・と、ちょっとだけがっかりする事があります。

最近は特に、デメリットを部分を感じる事が多くなってきました。

この記事でお伝えする事
  • リビングにブラインドを付けて感じる3つのデメリット
  • リビングにブラインドを付ける時の安全対策
  • リビングにブラインドを付けるメリット

  • についてご紹介いたします。


    スポンサーリンク




    リビングにブラインドを付けて感じた3つのデメリット

    最近、青森も連日暑い日が多くなってきました。

    まだエアコンを付けるほどではないけど

    クマじ

    リビングが暑くない!?

    クマみ

    窓でも開けよっか!?

    ボーダーズボーダーズ

    いいね!開けよう!!!

    窓を開けると


    ボーダーズボーダーズ

    気持ちいい風が入ってくるね~!

    ブラインドを付けていても涼しい風が入ってくるのはうれしいんですが、

    ガコ!・・・ガコ!・・・・・ガコ!

    リビングのブラインドが風に煽られて、窓や壁に激突してしまうんです!



    コレ、すごく気になります。

    リビングにブラインドを付けた時の一番のデメリットは、ブラインドが風に弱いってことです

    という事を踏まえて、私が思うリビングのブラインドに感じる3つのデメリットをご紹介します。

    デメリット① リビングのブラインドがうるさい

    ブラインドなので、外からの気持ちい風が部屋に入れば入るほど、風で揺れて音が出るようになります。

    レースカーテンだったら、風にふわ~って膨らむくらいで済むからいいじゃないですか。

    ブラインドだとフワ~っと煽られて戻ってきた時に壁や窓に激突して「ガコ!」っと音がします。


    リビングで付けているブラインドが、「アカリナ」という光を通すブラインドなので、一応普通のブラインドに比べて羽が柔らかくて軽いんですよ。

    だから余計に風に煽られやすいんです。

    たまに、クマたろう(3歳)が

    クマたろう

    ちょっとうるさいね~

    ってブラインドに向かって注意したりします。(笑)

    デメリット② ブラインドが落ちてこないか心配

    風でブラインドが煽られると、心配になってくるのが外れないかという事。

    我が家のブラインドはネットで購入したので、自分で取り付けました。

    だから、尚更心配になります。



    風でブラインドが煽られれば煽られるほど、固定部分に負担が掛かるはず!

    風でリビングのブラインドが揺れるたびに、内心ドキドキして落ち着きません!(笑)

    リビングのブラインドは風に弱いのがデメリットです。

    デメリット③ 掃除がちょっと面倒

    掃除に関していいうとブラインドはカーテンよりも掃除の回数が多く、メンテナンスが必要になってくるところがデメリット。

    カーテンといえば、掃除というより洗濯になるかと思いますが、そんなに頻繁に行うわけではないと思います。

    でも、ブラインドは羽根に埃が溜まってしまうので、定期的に掃除をしないといけない所が手間ですね。

    スポンサーリンク




    リビングにブラインドを使う場合の子供の安全対策について

    子供の安全対策

    リビングの窓にブラインドを付ける場合に、考慮しておかなければならないことが子供への安全対策です。

    子供の首にブラインドのひもが絡まるという不慮の事故が発生しているので、小さい子をもつ親としては非常に気になるところ。

    リビングにブラインドを付ける際は、安全対策が可能かどうかも考慮しておく方が安心なのではないでしょうか。

    具体的には、

    ブラインドの子供の安全対策
  • 窓にブラインドを付ける場合、万が一紐が絡まったときにコードのつなぎ目が取れる「セーフティージョイント」が装備されているモノを選ぶ
  • ブラインドの紐を子供の手の届かない場所に止めておくコードクリップを利用する

  • などです。

    子供は本当に予想出来ない事をするときがあるので、我が家でも出来る限り子供の安全対策を考えるようにしています。

    子供の安全対策に関連する記事

    リビングにブラインドを付けた時のメリットは?

    リビングにブラインドを付けて感じるメリットは、部屋がスッキリして見える事

    リビングのブラインドを窓枠内に収めたので本当にスッキリして気持ちがいいです。

    アカリナリビング

    我が家の場合、アカリナという採光ブラインドにしたおかげで羽根(スラット)を閉じていても部屋の中が明るいまま。

    一般的なブラインドだと、ブラインドの羽を閉じると光が遮られて、リビングが暗くなってしまいますよね。

    ですが、アカリナならそういう事がないので、羽根を閉じた状態でも外からの視界遮りつつ部屋を明るくしてくれるので、本当にお気に入りです。

    アカリナのブラインドに関する記事

    なにより嬉しいのが子供への安全対策もされているところ

    コードのつなぎ目が取れる「セーフティージョイント」が装備されているので、いざという時も安心。

    念のため、コードが余分に長くならないように紐の長さは調整しています。

    あとがき

    リビングのブラインでについてデメリットを上げましたが、総合的にはとても気に入っていておすすめです。

    風でブラインドは揺れますが、本当に暑い時期がきたらエアコンにしてしまうので、デメリットをある程度軽減する事は可能です。

    あとは、掃除だけ頑張るのみ!(笑)

    ちなみに、我が家のリビングのブラインドはこちらの記事でWEB内覧会を実施しています。

    リビングのブラインドに関するWEB内覧会はこちら

    スポンサーリンク