図面

先日、ニトリでオーダーカーテンの見積もり依頼をしてきました。

(関連記事:ニトリでカーテンをオーダーすると日数や価格は?採寸はどうするの?

家族3人で行ったんですが、クマたろうがじっとしていられなかったのでクマみにカーテン選びを全て任せて、クマたろうと車で待つことに。


自宅に帰ってから新築の図面を見ながら、どの窓にどんなカーテンを選んだのか説明を聞いていました。

その時です!

新築の間取りで大失敗している場所があることに気づきました。。。



現在の建築中のマイホームは既に壁紙を貼っているような状態。

これからの修正はほぼ無理なところまで作業は進んでしまっています。



クマじ

ええ~!!!なんでこんな間取りになってんの!?

間取りの失敗に気づいた時はかなりのショック・・。

なぜなら、その間取りの失敗はかなり初歩的なミスで、自分で気づいて間取りの修正をお願いすることが出来たはずだから

それが余計に悔しくて。。。

後悔しています。


この記事でお伝えする事
  • 新築の間取りで大失敗して後悔した場所について
  • 他にも新築で失敗・後悔した場所について
  • これさえやっておけば失敗・後悔は未然に防げたはず!


  • についてご紹介したいと思います。



    新築の間取りで大失敗した場所とは

    新築の間取りで失敗した場所とは「子供部屋」と「仕事部屋」クローゼットの向きについてです。

    まずは、こちらの図面です。

    2階図面

    何か気づきますか?

    正解は・・


    2階間取り失敗ポイント

    子供部屋のドアとクローゼットの扉が重なってしまう配置になっていたんです~!!!

    なんで、これに今のいままで気づけなかったのか・・。


    子供部屋のクローゼットを開けっ放しにして部屋を出たら、子供部屋に入る時にドアが十分に開かずドアに激突しちゃいそうじゃないですか?

    ドアもクローゼットの扉も両方傷がつきそうだし。。



    子供部屋のクローゼットが使いずらさと多少の危険をはらんでいるかも?と思うと、これでOKしたことに後悔です。

    昨日、この間取りの大失敗に気づいた時は、もうショックでショックで固まってしまいました。



    この問題を解決するのって、とっても簡単だったんです!

    仕事部屋と子供部屋のクローゼットの開く向きを入れ替えるだけ。

    たったのそれだけ!

    それで、どちらの部屋も入り口のドアとクローゼットの扉が重ならないようにする事が出来たんです。



    それぐらいの変更は簡単にお願いできたのに。

    本当になんで今まで気づけなかったんだろう~・・。

    だから、余計に悔しい~!!!

    初歩的ミス!間取りの失敗は防げたはずだった!

    部屋の入口のドアとクローゼットの扉が重なってしまう事は図面を見れば分かりますよね。

    注意深く図面を見ていれば気づけたはずなんです。

    実際、昨日気づきましたから。

    正直言って、油断がありました。

    私の油断
  • 子供部屋は本格的にクマたろうが使い始める時期はもう少し先だしな・・
  • あまり良い環境を作りすぎても部屋に引き込まれてもるしな・・
  • 建売の間取りを採用しているから大丈夫だろう・・

  • みたいな。本気度が足りなかったと今更ながらに反省です。

    もっと最初から「LIFULL HOME`S 注文住宅」を使って間取りの研究をしておけば良かった・・。



    真剣に図面を見ながら生活している様子をシミュレーションしていれば、今回の間取りの失敗は防げたと思うと、

    くやしさと♪ 後悔と♪ 腹立たしさと~♪ 

    がこみ上げてきました。

    あ~、ほんとに悔しい!

    スポンサーリンク




    新築の間取り等で失敗・後悔した他の場所は?

    新築失敗後悔

    家は3回建てないと満足するものが出来ないという都市伝説を聞いた事がありますが、案外そうかもしれないなと思いました。

    今回もそうですが、新築の着工後に「失敗したかな」と思う事や「後悔したな」と思うところがいくつか出てきていましたので、まとめてご紹介します!

    1階の廊下の窓の種類で失敗・後悔

    1階の廊下の窓の位置が、お隣さんのリビングの窓に近くて失敗・後悔したなと思いました。

    (関連記事:廊下の窓が隣の家のリビングの窓と近い!目隠しに最適なのにカワイイ!

    実はこれには後日談が。。

    私はこの廊下の窓を透明なクリアガラスにしていると思っていましたが、ちゃんと曇りガラスを選んでいたようでした。

    これで、お隣さんのリビングからの視線を気にする必要が無くなりました。

    子供部屋の窓の位置や種類で失敗・後悔

    子供部屋の窓の一つがお隣さんの窓と向かい合わせになってしまい、窓の位置で失敗。この窓も曇りガラスではなく、クリアガラスを採用したことに後悔しました。

    (関連記事:新築の窓で大失敗!完成前なのに後悔!選べば良かった窓の種類とは

    お風呂・脱衣所の間取りで失敗・後悔

    お風呂の脱衣所が玄関の真正面に配置されています。そのため、脱衣所の引き戸を閉め忘れる or 誰かに開けっ放しにされると、脱衣所が玄関から丸見えになってしまいます。

    玄関から丸見えってのはさすがに・・対策は一応考えていますが失敗・後悔の一つかもしれません。

    (関連記事:新築の脱衣所が玄関から丸見え!?カーテンで仕切らず目隠しする方法

    スポンサーリンク




    2階のトレイに手洗い場を設置しなくて失敗・後悔

    2階にトイレがあるのは良い事ですが、手洗い場を設置しないことに後悔しています。せっかくトイレが2階にあるのに、手を洗う時は1階まで降りなければならないのは不便かなって思って。

    (関連記事:トイレの手洗い場は必要?いらない?新築の完成前なのに後悔したこと

    LED照明の弱点?電球が切れた時の交換が面倒な照明を選んで失敗?後悔?

    新築一戸建ての照明はLED照明が主流になってきましたが、意外とやっかいな照明だなとも感じました。LED照明の交換方法を考えると、自分の選んだ照明が失敗だったのでは?とちょっと後悔・・。まっ、分かりませんけどね。(笑)

    (関連記事:新築の照明で失敗!?LEDのダウンライトも自分で交換出来なかった!

    リビングの明るさで失敗?後悔?

    リビングの明るさについては、まだはっきりとはしていませんが想像していたよりも暗い可能性が出てきました。。

    日当たりの良さや部屋の明るさを重視して今の土地に決めましたが、窓の大きさなどで思ったよりもリビングが明るくはならなそうな。

    失敗?後悔?とならないように、この方法を試してみるつもりです。

    (関連記事:部屋が暗いと感じたらこのカーテンがオススメ!明るさは改善できる!

    2階のサンルームに大事なある設備を付け忘れて失敗!妻が後悔

    2階のサンルームは我が家では一番日当たりも良く、窓も2面にあるので洗濯物を干す環境は整っているはずでした。

    でも、そこには落とし穴が。

    ある大切な設備を付けなかったために、今になって妻が「はぁ~失敗した・・。」と後悔する日々になってしまいました。

    (関連記事:新築2階のサンルームにこの設備が無くて失敗!妻が後悔!した事とは

    新築で失敗して後悔する原因はたったの一つ!

    チェック

    新築が完成したので、このパートを追記しました。

    新築で失敗・後悔する原因が今ならはっきりと分かる気がします。

    それは、典型的な知識不足が原因!だと感じました。

  • 新築を検討し始めた時の自分
  • 新築が完成した今の自分
  • を比べたら、圧倒的に「今の自分」の方が知識があるので、やっぱりこうすれば良かったというのがありますもんね。

    新築計画を進めている間に自然と知識が付いてくるので「家は3回建てないと満足しない」と言われているのかもしれません。

    でも、今だから分かるんですが、知識を付けるといっても何も専門的な難しい知識を付ける必要なんてないんですよね。

    失敗・後悔しない家づくりにとって一番必要な知識とは

    自分にとって、どんな家だったら本当に満足出来るのか?

    を知る事だと思うんです。

    自分がどんな家にしたいか理想が鮮明だったら、家づくりはもっと楽に、もっと楽しくなったはず。

    でも、私たちはそこまで出来ていなかったので、迷走を繰り返したり、大変な思いをしながら色々選ぶのを決めていきました。

    出来るなら楽しくて、簡単に新築計画を進めて行けるのが理想ですよね。

    そのために、必要な事ってたったの2つで大丈夫だったんです。

    自分が満足できる失敗・後悔しない理想の家を知る

    理想の家

    自分が満足できる失敗・後悔しない理想の家を知るためにやるべき事は、意外と簡単です。

    その方法とは「より多くの家の情報に触れる事」です。

    「自分にとって住み心地の良い家とはどんな家ですか?」

    「それは、○○で、△△があり・・・みたいな家です。」

    って答えられるようになったら、かなり満足する新築のイメージに近づいている証拠。

    でも、最初の段階では自分にとって満足できる家どころか、何が良くて何が悪いのかさえ分からない状態ではないでしょうか。


    私も最初は分からないことだらけで、新築を見るたびに何もかもが素敵に見えていました。(笑)

    もしそのような状態だったとしたら、圧倒的に新築に対する知識が足りていない可能性があります。

    インスタグラムでもRoomClipでも雑誌でもなんでも良いので、家の情報に沢山触れて見て下さい。

    そうする事で少しずつ自分の求める新築のイメージが沸いてくるはず。



    まずは沢山の情報に触れて「満足できる理想の新築イメージ」を作り上げる事が大切です


    自分の失敗・後悔しない理想の家を作ることが出来るハウスメーカー・工務店を探す

    スマホで調査

    理想の新築イメージが出来たら同じくらい大事なのが、自分の理想の家を再現できるハウスメーカーや工務店に巡り合う事です。

    ハウスメーカーや工務店も個性があり得手・不得手が必ずあります。

    洋風でおしゃれな家を作りたいのに、和風建築が得意なハウスメーカーにお願いしたらきっと理想とはかけ離れた家が出来て失敗・後悔することになるでしょう。



    ネットで新築の事を調べていると、ひどい業者を選んでしまったばかりにトラブルに発展してしまうケースが多々あることに気が付きました。

    そんなミスマッチを防ぐためにも、理想の家に関する知識を付ける時と同じように、業者についての沢山の情報に触れる必要があるんです。



    でも、なんだか難しそう・・と思いますよね。

    私もそうでした。

    だから、よく調べなかったんです。



    家が完成するまで、住んでいる地域のハウスメーカーや工務店を簡単に調べることが出来る「LIFULL HOME`S 注文住宅」という便利なサイトがある事も知りませんでした。



    だから、ハウスメーカーや工務店の簡単な調査を怠った結果、私たちはこうなりました。。。

    (関連記事:新築の失敗談。本当は絶対に知られたくないし認めたくない現実ともっとやれば良かったと後悔した事



    同じような失敗を防ぐためにも沢山の情報に触れて、楽しい理想の家づくりをして欲しいと思います。

    もし「どんな家が自分の理想で、どこにお願いしたらいいの?」と思いつかないという場合は、

    を使えば、きっと色々なヒントを得られると思いますよ。

    あとがき

    今現在感じている失敗・後悔ポイントを改めてまとめてみたら、意外とあって自分でビックリ!(笑)

    家を購入するにあたって一番重要視したのが「日当たり」でした。だから、何とかリビングの明るさだけは改善できるといいんですけどね。

    費用を掛けられるなら、リビングには大きな窓や日の光が入るような工夫をしたかったなと思うのが率直な感想です。

    でも、色々な失敗・後悔がありましたが、一番ショックを受けたのは「子供部屋のドアとクローゼットの扉が重なる」問題ですかね。

    意外と尾を引きました。(笑)

    スポンサーリンク